--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.09.30 (Sat)

がきんちょ~リターン・キッズ~ 最終回 の補足

JYUSENKITAI さん(名前が正しいか確認しました 汗)

からのツッコミを受けて・・・

まぁ たしかにおいらは女好きではありますが・・・

一番好きなのは 麻美ちゃん なんですよ。

説得力ないですね。 流して、流して


がきんちょの他の出演者について改めて語りたいと思います。

トト役の高杉亘さん

トトは本当にかっこよくて・・
あんな人間になれることが理想です。
この歳でも、まだ理想がもてます。
そこが「がきんちょ魂」ですよね。
トトには色々なことを改めて思い起こさせてもらいました。
カカの夢を知って号泣するシーンは、本当に泣けました。
お疲れ様でした。

謙ちゃん役の笠原秀幸さん

けっこう目立っていた割に、謙ちゃんメインの話が無かったのが
とても残念です。もっと風花先生との仲が進めばよかったのに・・・
がきんちょ2が放送されたら、その辺りのエピソードがあるといいですね。
お疲れ様でした。

ジジ役の藤村俊二さん

昔は・・・
よその家の子供でもしかりつけるガンコオヤジもいましたが
ジジのように紳士的でやさしいおじいちゃんもいましたよね。
それをすごく思い出させてくれるキャラクターでした。
藤村さんはカリキュラマシーン(古っ)の頃から知っています。
これからも、変わらずよいお芝居を見せてください。
お疲れ様でした。

タカ役の高杉亘 さん

クワガライジャーも、登場と同時に
「昔のタカのがよかった!!」
の声が飛び交いましたね。
なんだか、さみしい登場でした・・・。
だからこそ、変わっていくタカの姿に
みんなが注目したんだと思います。
トトと話した後の笑顔に昔のタカの姿が映し出され
そして、タイムカプセルを開ける時のタカは
すっかり子供のころのタカに戻っていました。
最後のさわやかな大人のタカはカッコよかった。
お疲れ様でした。

麻由香ちゃん役の菊池麻衣子さん

大人の麻由香ちゃんの登場も・・・
夢を見ていた女の子が・・・っていう
現代編になって最初のショッキングなシーンでした。
でも、最初に菊池さんを見たときは
(ご本人は気にされていたようですが)
麻由香ちゃんそのままでしたね。
麻由香ちゃんとお父さんも全ていいエピソードでした。
実は反発していながらも
お父さん思いでお父さんが大好きな麻由香ちゃん。
何度も涙がでましたよ。
そして、拓実がお父さんに「結婚を前提にお付き合いさせてください」
といったときに
「あたしイケメンが好きだよ? ブランド物が好きだよ?」
ってシーンは最高によかった。思い出しただけで涙が(笑)
最後の麻由香ちゃん本当に昔のかわいい麻由香ちゃんでした。
麻由香ちゃんが本当の幸せをつかめてよかった。
お疲れ様でした。

拓実役の北原雅樹さん

子供時代と何ら変わらず、いいお笑いキャラだったのに
最後はめちゃめちゃカッコよくて
「夢はあきらめずにがんばれば、叶うことがある」
って そのままの役でしたよね。
自分の夢をつかんで、周りも幸せにする。
なかなかおいしい役でした。
お疲れ様でした。

麻由香ちゃんのお父さん役 山崎銀之丞さん

正直どうしようもないお父さん役でしたが
子供を思う気持ち、何か忘れてはいけない
本当に正しい「子供を思う気持ち」
それを教えてくれました。
最終回はとても文ちゃんが出ていましたね。
感動しました。
ありがとうございました。
お疲れ様でした。

由明くん役 桑代貴明くん

最初はどーしようもない 冷めた子供だったのに
最後は本当に子供らしい子供になりました。
演技力はすごかったです。
これからも、たくさん勉強して
いい役者さんになってください。
お疲れ様でした。

タカのお父さん役 松尾貴史さん

過去編でのラストは感動しました。
これからもすばらしいお芝居を
みせていただきたいと思います。
お疲れ様でした。

桃ちゃんのお母さん役 有森也実さん

最後のおおももとのシーンは涙が止まりませんでした。
最初はイヤなキャラだと思いましたが
本当はやさしくて、自分の夢を追っている方だったんですね。
感動しました。
お疲れ様でした。

笹本司郎役 杉浦太陽さん

短い間でしたが、いいお兄さんで
しかも衝撃的なセリフを言うキャラで
たぶんみんな最後は忘れてると思いますが(笑)
てっきり現代編も出演すると思っていました。
お疲れ様でした。

カカ役 いしのようこさん

本当にやさしいお母さん
昔はこんあお母さんばっかりだったような・・・。
忘れちゃいけない何かを思い出させてくれました。
そして、がきんちょのキーとなるキャラクター
カカの夢話
あんなに なんでもない文章で大泣きするとは・・・
でも、最高のエピソードでした。感動しました。
お疲れ様でした。

今回書ききれなかった出演者のみなさんごめんなさい。
でもみなさん一人一人が
がきんちょというドラマを作りました。

今年の心に残る作品の1つとなりました。

改めて、出演者およびスタッフのみなさま 

お疲れ様でした。最高の作品をありがとうございました。


16:58  |  未分類  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurumipan.blog16.fc2.com/tb.php/898-d167c1ad

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

菊池麻衣子菊池麻衣子(きくち まいこ、1974年7月19日 - )は、東京都北区 (東京都)|北区赤羽出身、板橋区中台育ちの女優。血液型|血液型O型。パーフィットプロダクシ
2007/01/26(金) 01:11:04 | セイナの記録

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。