--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.03.11 (Sun)

0311

(そろそろ暖かい日が続いてもいいのにな。)

(自分の誕生日にはさすがに暖かくなってるだろう。)

そんなことを考えていたちょうど1年前

多くの人々の心に

深くて大きな傷が残る出来事が起こった。

あれから1年

TVのニュースやネットのニュースも

あの時の出来事の特集が多くなってきた。

正直

あの時のニュースは、当時の状況を知るために観ていたけど

心のどこかでフィルターをかけていたのかも知れない。

正直・・・怖かったから。

1年経って

あの時の写真や映像を見ると

改めて・・どれだけ大変な出来事であったのかを感じる。

我々が感じるのだから

それをTV越しではなく、リアルな目で見ていた方たちの

自分が人生を送ってきた場所があのようなことになってしまった方々の

心の傷は我々の想像など、はるかに越えるものなのであろう。

あの状況の中から

安否がわからなくなった友人、家族、親族の方が見つかったら

もう会話を交わすことが出来なかったら

心に刻まれる傷はとても深いものになると思う。

今自分に何ができるのか?

自分だから何ができるのか?

それを考えながら・・またこの1年を生きていこう。

今現在も大変な思いをしている方のところに行って何かをしてあげたら

一番現地の方は喜んでくださるのかも知れないけれど

なかなかそれも出来ないし、足もお金も正直ない。

募金も大切かも知れないけれど、出せる金額だって限界がある。

でもきっと

自分にできることはそれだけではないはず。

日々の中でできることはきっとあるはず。

誰かの心が沈んでいたら、雲がかかっていたら

声をかけよう。

そこで、もしも小さなパワーが生まれたら

そのパワーは人を通じて

めぐり巡って

現地の人に届くかも知れない。

人を思いやる気持ちを持とう。

その気持ちが広がれば

きっとその想いは周りに伝わって

今を生きる方々にも伝わると思うから。

そして何より

現地で一生懸命に生きている方の事を思い

現地の方の今の状況を考えて

日々自分も頑張ろう。


00:00  |  普通の日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

ウィスタンさん コメントありがとうございます。

今日TVを見ていたら
農業をやられていたお年を召した方が
仮説住宅に越してから歩けなくなってしまったり
(何もしなくなってしまったかららしいです。)
仮設住宅が並んでいるところで、近所の方とするお話がなくて
その仮設住宅地に住む方々がほとんど出歩かない状況になってしまったりしているそうです。
(理由は東電の方もいらっしゃるから相手を傷つけない話を探すも話がないからだとか)
なんだか・・とても寂しいことですね。
行動することが何よりも大切なのでしょうけれど
なかなか自分の生活があったりしますからね。
だけど何よりも大切なことは
大変な思いをしている方の事をしっかりと自分の頭に入れることなんだと思います。
おっしゃるように
気持ちの連鎖が誰かの心を動かして
その気持ちが広がれば、それは力となり形になると思います。
くるみパン。 |  2012.03.12(月) 00:08 | URL |  【編集】

一年が経ちましたね

大げさでなく本当に昨日の事のように思います。
あの震災以降、自分に何が出来るかを考えて一日一日を生きていこうと思うようになりました。
人が人を思いやる、その気持ちと行動の連鎖が広がればきっと崩れそうな人を支える力になると思います。

最後になりましたが、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
ウィスタン |  2012.03.11(日) 23:39 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurumipan.blog16.fc2.com/tb.php/3589-c43b1aae

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。