--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.12.23 (Thu)

リスアニLive2010・ナイトステージ(ライブ編・前編)

事前情報と

デイステージから戻られた方の話から

大体の構成を知る。

あやひには絶対期待できる生バンドであること

MCがニッポン放送の吉田尚記さんであること。

まぁ みのりんが出演するのだから

生バンドは必須であろうことはわかる。

会場が暗転して

ステージを隠している幕に映像が写る

コンピューター画面をイメージさせる映像で

ステージが始まる18:30へとカウントダウンが始まり

会場のカウントダウンとともに

プログラムとしてのステージが始まる演出

冒頭はMCがあってステージだったか

ステージがあってMCだったか忘れてしまったけれど

吉田さんのMCがあって

(その間に幕の後ろでステージの準備をして)

吉田さんの「次のステージはこの方です!」

の声とともに

ステージの幕スクリーンに次のアーティストが映し出されて

幕があがりステージが始まるという進行だった。

そしてステージが終わると

吉田さんのいつものつぶやき口調からMCが始まって

ステージを終えたアーティストを呼んでトークを行う流れ。


まずは Girls Dead Monster starring LiSA

正直メチャメチャかっこよかった。

観客の乗せ方もすごく上手だし。

ただ人気があるわけじゃなくて

実際に観たお客さんの心に残るステージだと感じたし

それw熱く語った言葉だったり、ネットだったりが

人気を呼んだのであろうと感じた。

ロックしてたぜ!

ステージ後のMCで

吉田さんの「次でラストライブ」的な話から

涙ぐんでしまうLisaさんもかわいくて

ギャップ萌え?w もあって

とにかく心に残る人だと思った。


黒崎真音

最初 知らない方ばかりで

あやひ以外の時はどうしようと思っていたけど

まったくそんなことはなかった。

どのアーティストさんも楽しめるんだと

この方の時にすでに悟った

聴いたことはある曲も多かったので

(予習するか調べるくらいはしようよ・・)

この方も、歌はすばらしかったのに

トークはかなり笑えたので

キャップが面白かった

行ってみたい国が

「ゆかり王国」とか

マジ オタクwww


そして

たぶん皆さんこの辺りだろうと予想していた

あやひの登場

スクリーンにあやひの写真が写しだされると

会場がわく

またまた話は脱線するが

左隣の人は

心の声を実況する人だったので

「次だあれ 次だあれ」

「あやひ? いや やっぱあやひだろ」

「ここにあやひ持ってこなくちゃ」

とか

仲間がいなくて独り言なので

すごいウザかったwww

右隣の方は

ちょっと年配の方に見えたので

最初(関係者の方なのかな?)とか

アーティストさんの親族の方?

とか思っていたのに

ライブが始まると

筋金入りの打ち方だったので

軽く引いたwww

話を戻して・・・


ステージがあがり

聴きなれたイントロ

やはり1曲目は「光のフィルメント」であったか。

生バンドは武道館の時もそうだったけど

なんだかちょっといままでと違う雰囲気

いつもより声をはっているような気がする。

なんかめちゃめちゃカッコイイよ。

てか

バスドラの負けない声量とかやっぱスゲェ

前のアーティストさんで演奏の音大きすぎないか?

と感じる場面もあったのに。

光のフィルメントが終わると

聴いたことのないイントロ

何かのキャラソンと思ったら・・・・

「きみだけ~のため~」

あやひもブログに書いていましたが

生バンドでの「君がいる場所」は初めて

これもめちゃめちゃカッコよかった。

てか

この時点で感じたことは

(あやひ・・・いつのまにかカッコイイお姉さんになってる。)

スフィアではやはりカワイイ部分もあって

かわいいダンスではめちゃめちゃカワイイし

リアラブやムンシグではカッコイイ部分もあるけれど

やっぱり、アーティスト高垣彩陽として

ソロデビュー後初めてソロで立つステージもあるので

メリハリを意識していたのかな?

また ソロとして楽曲が増えていく中で

いろいろと変わっていくのだろうな。

いつも前進しているあやひは

やっぱりいいなぁと心から思う。

そして・・・

「私は声優です」

「作品ありき」などの言葉で始まったトーク

「水島監督」

「まだ披露したことのないキャラソン」



「祈り」は消えたから・・・マジで・・・・

いつかは聴きたいと誰もが思っていた

「キグルミ惑星」

ちゃんと柊の声で挨拶もしてくれたので

「ひらぎー」と叫んでおきました。w

いやぁ

もうね

ただただ

スゴかったぁ

CD以上ですよ!

ライブバージョンということで短かったけど

それででも7分とか10分とかやったのかな?

もうこれを生で聴けるなんて!

チケットは高かったけど、参加して本当によかった!!

声優ならではは生かして

キャラソンを声優でしか出来ない形で伝えたあやひ

このライブの伝えたい部分に

新たな表現をもたらしたのではないのかな?

そして・・・

「You Raise Me Up」

くる確立は高いだろうと思った

ネットでの評判もいいしね。

前の日にあやひにお手紙を書いて

今年最後ということで

今年をずっと振り返って

この国際フォーラムでソロデビューの話をきいて・・・

(やべ また涙でてきたwww)

うれしくて

ずっとまっていたら

CD発売イベントで

握手会があることを知って

ワクワクしながら応募して

ビビリながら当選結果を持って

そしたら

見事当選して

天にも昇る気持ちで

当日直接「おめでとう」と「ありがとう」を伝えて

そして・・・

石丸電気さんで

「ありがとう」のたくさんつまった

この曲を聴いて・・・・

そんな思い出が頭をかけめぐって

自然と涙があふれてきた。

もうこの曲は

みなさんに浸透しているようで

みなさん振っていたサイリウムの手をおろして

サイリウムを手で隠して

会場のサイリウムがいっせいに消えました。

その中、ステージを照らす1本の光の中で歌う彩陽

どなたかが書いていましたが

ステージを照らす光が

あやひに羽が生えたように見えて

まさに天使や女神様のようでした。

本当に幸せな時間だったなぁ

ステージを終えて

「世界進出しちゃいなよ!」

「オリンピックの開会式でアメイジンググレイスとか歌ってほしい」

とほめちぎる吉田さんに

「そんなぁ 曲がいいんですよぉ」

と答える いつもの謙虚なあやひ

さすがです。

だけど

彼女のステージは

明らかに

いやもんちろんお二人とも素敵なステージでしたけど

グッと引き離してしてしまった

ステージではありました。


長くなってしまったので

みのりんステージなどはこの後で

しばし休憩



09:48  |  普通の日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurumipan.blog16.fc2.com/tb.php/3497-772fa7cb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。