--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.12.13 (Sun)

“Psyche プシューケー”スペシャルトークライブ

今日は

昨日書いたとおり

BOME氏の個展「Psyche」で行われた

スペシャルトークライブに参加してきました。

BOMEさんがわからない方は

ここあたりを。

(読んでもわからないかも知れませんが・・・。)

出演者は

BOMEさん、池澤春菜さん、小清水亜美さん

司会および進行にやまけんさん

生あみすけってけっこう見てるよなぁ・・・。

整理券をもらって・・・

てか、システムがよくわかっていなかったので

午後から行ったら後ろのほうだった。座れたけど。

ギャラリーがオープンした時間から整理券は配っていたようだ。

整理券をもらって、展示されている作品を見る。

雑誌なんかでよく見るものから、けっこうなつかしいものまで展示されていた。

靴をぬいで畳に上がって、そこにショーケースがおいてあるという

ギャラリーの作りも面白かった。

でも、膝をついて見るにはいい考えだと思う。

上から見たい方や、接近してよく見たい方もいるだろうから。

等身大の作品なんかも展示されていた。

しかし、声優さんとか造形家さんとか

ああいった才能を持って・・・ その才能を発揮するために生まれてくるって

やっぱり、うらやましいし、素敵だと思うなぁ。

時間が来て トークショーがスタート

やまけんさんがご挨拶と注意事項を説明して

お一人づつ呼ばれてご挨拶。

やまけんさんが

「今日はどういったファン層が来ているのか」

「BOMEさんの技を少しでも盗んで帰ろうとする方なのか」

「ゲスト声優さんのファンの方なのか」

「たまたま、間違えて来てしまったのか」

「そこで、質問を考えました。」

「ソフビを洗ったことがある人?」

何人かが手を上げる。(けっこういらっしゃった)

春菜さんも元気に手を上げる(笑)

あみすけは何を言っているのかわからない模様(笑)

そんなスタートだったものだから

前半は、ほとんど春菜さんからの、BOMEさんへの質問

(ちなみに台本はなく、本当にその場のトークです。)

素材は主に何を使っているのか

色塗りはどんなものを使っているのか

削る道具は何をつかっているのか

あみすけは、前半・・けっこう話を聞くほうにまわっていた(笑)

途中で「用語の説明をしてください」のカンペが。

あみすけも同じ気持ちだったのであろう。(笑)

あみすけは、説明を受けるまで

木から削りだして作っていると思っていたらしい・・・。

よく失敗しないで削り出せるなぁ・・・ みたいに思っていたらしい(笑)

すごく面白いトークだったのですが

文字で表現しても、なかなか伝わらない内容だったので・・・。

べ・・・別に、トークを聞くのに熱中しちゃって

あんまり記憶に残ってない・・・とかじゃないんだからね!

中盤からはあみすけも、女子から見たBOME作品的なトークで

女子としては理想のプロポーション とか

あのラインがそそるとか

なんとな~く エロっぽいトークに (笑)

全体的には

声優さんイベントとはまったく違う

ワンフェスイベントのノリな春菜さんのトークと

エロっぽいオヤヂ目線のあみすけトークでした(笑)

途中、客席からの質問で

「アニメやゲームから影響を受けてらっしゃるというBOMEさんですが」

「アニメやゲーム以外で(作品に)影響を受けたものはありますか?」

の質問に

ミケランジェロ と答えてらっしゃったのが印象的でした。

なんとなく なるほど!と感じました。

総括すると

春菜さんはやっぱり、趣味の世界に入るととことんディープになるなぁと(笑)

「今までは直線的な(つまりメカもの)ばかりだったけど」

「これからは丸みのおびた(つまりはフィギュア)ものにも挑戦したい」

と言っていたけど、本当にやりそうだし・・・。

あみすけは、最初専門用語ばかりでビックリしていたようだけど

(普通の女子はそうだよなぁ・・・)

春菜さんが作り手側からのトークに対して

BOMEさんと春菜さんのトークを聞きながら

鑑賞する側の目線のトークに切り替えて

自分の立ち位置をあの場で作ってしまったのは

さすがだなぁ・・・ と思った。

かわいい方なのはもちろんなのですが

やっぱり素敵な方だなって改めて思いました。



自分の好きなものに対してアンテナを向けて

そこから派生したものに、また刺激を受けて

自分を楽しくしていくことって

すごく素敵なことだと思います。

今日も楽しい1日でした。




00:37  |  池澤春菜さん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurumipan.blog16.fc2.com/tb.php/3080-d8d0382f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。