--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.02.16 (Thu)

わき毛の左

え~ 若気の至りってのはあるもので・・・

むか~し むかしのお話です。

おいらの昔の友人とその友人は、野郎2人で酒を飲んでいました。

野郎二人なのに、みょうに盛り上がり

結局、閉店時間まで飲んでいました。

確か、店を追い出されたのが午前2時過ぎだったと聞きました。

これは昔のお話なので

漫画喫茶なんてない時代です。

やっていても、ファミレスか吉野家くらい

JRの駅まで ぶらぶらしながら歩いて始発を待とうって話になったそうです。

で、S駅にむかって二人は歩き始めました。

ゆっくり歩いて1時間くらいの道のりでしょうか?

S駅行きのバス通りにそって歩いていけば間違いありません。

停留所をいくつか過ぎたときに気がついたそうです。

その停留所は昔ながらの停留所で

下が石になっているので、持ち上げることが出来ます。

酔った勢いでA君が持ち上げました。

B君がそれを見て笑います。

B君も持ちあげて、少し移動しました。

二人はひらめきました・・・

二人で持ってみようと

二人は停留所を横にして、両端を持って歩き出します。

しばらく歩いていくと(爆)

次の停留所が見えました

停留所を2つ並べて大爆笑(オイ

するとA君がいいました

「ベンチがなかったか?」

二人は今来た道を戻ります。

停留所のあった所にベンチだけポツンと残されています。

二人はベンチの両端を持ち、えっちらおっちら

次の停留所までまた運びました。

ベンチをおいて満足げです。

そして大爆笑(オイオイ

・・・・・・・

今考えると、たぶん犯罪ですよね?

とんでもないヤツらです。

ちなみに、しばらくしてからまた2人で飲むことがあり

帰りに、バス通りを通ってみたら

バス停は地面のコンクリートに埋めこまれた形に変わっていたそうです。
00:39  |  ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurumipan.blog16.fc2.com/tb.php/292-3151d064

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。