--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.06.08 (Mon)

光の花束 ~昼のお茶会~ レポ

まずは、昼の部のレポから。

会場に入ると、開演前のBGMとして鳥の声が流れていました。

春菜さんによると、フォレスティーナに入っている鳥の声がお気に入りで

鳥の声のCDを購入し開演前のBGMにしたとのこと。

3D録音というのがされているらしく(森の中で全方向の音を録音する?)

イヤホンで聞くと、四方の色々なところから様々な鳥の声が聞こえるそうです。

会場内のスピーカーでも、その効果は発揮されていました。

チケットの整理番号は6番だったので、かなりステージに近い場所をゲット。

ステージと2~3メートルくらいしか離れていません。

(テーブルがあるところがよかったので3列目くらい。)

入場時に恒例のアンケート用紙が配られました。

内容は以下のようなカンジです。(正確に覚えてないので、こんな雰囲気で・・・)

 ・ このライブを何で知りましたか?

 ・ 光の花束の中で一番好きな曲

 ・ こんな池澤春菜はいやだ

 ・ トークで話して欲しいこと、質問してほしいこと。

 ・ 近況など何でも。

 ・ 今後Wave Master Happiesに期待すること。

あまり考えず記入する。

開演時間がせまり

前説として、Bassの(Dr. Purpleこと)むらさきさんと、Gtの馬場さんが登場。

楽屋で「こしあん」が好きか、「つぶあん」が好きかという話になったと・・・

馬場さんは「こしあん」派 「つぶに対してひと手間かかっている」

むらさきさんは「つぶあん」派 「つぶを残すのも技のひとつ」

けっこう熱く長い前説でした(笑)

会場にどちら派か聞く前に、むらさきさんが「さっき春菜さんにきいたら」

「う~ん どっちも好きなんだけどぉ どちらかといえば・・・つぶ・・・かな?」

会場に聞いたら、つぶあんの方が圧倒的に多い

そりゃそうだ・・・(笑)

長い前説が終わり(後で前説が長すぎると、春菜さんにつっこまれていた)

会場がゆっくりと暗くなり

バンドメンバーが登場しスタンバイ。

木漏れ日の花束のイントロと共に春菜さんが登場。

やっぱりライブバージョンはCDとまた違う感じでカッコイイです。


木漏れ日の花束を歌い終わり、春菜さんがご挨拶。

その後に・・・ むらさきさんがステージ裏に引っ込もうとするのを

春菜さんが不安げに振り返る。

「1曲目終わってトークだっけ? 2曲目終わったらって書いてあるよ」

「いや、こっちには1曲目になってる」とむらさきさん

最初からグダグダ(笑)

バンドメンバーの方々が裏に行かれ

コーラスのみさ吉さんが、みなさんから回収したアンケート用紙を持ってきて

トークがスタート。

夜の部とごっちゃになってしまっているので

もしかしたら夜の部で書いたことが、実は昼の部の話なのかもしれないのですが・・・・

去年の年末に、おいらのアンケートが読まれたので、さすがに今回はこないだろう。

「くるみパン。さん」

また読まれた・・・・。

(3枚目くらいだけど)

「光の花束の中で一番好きな曲は・・・」

(みさ吉さんにアンケート用紙を見せながら)

「みさ吉さんの曲」

「ありがとうございます」とみさ吉さん

「こんな池澤春菜はいやだ・・・」

「朝起きてヒゲをそっている」

「いけざわはるき・・だよ。」

「今後Wave Master Happiesに期待すること」

「池澤春菜、1年間毎月リリース」

「やられた方はいますけど・・・」

メンバーの方(みなさんいないけど)を振り返って

「この中で誰かが死ぬね・・・」

トークが終わり(自分の部分だけかい!)

メンバーの方々が戻ってきて

Forestina~ノスタルジーの羽翼(はね)

おいらがアンケートで一番好きだと書いた曲

作詞・作曲のみさ吉さんによると

フォレスティーナとは、みさ吉さんが作り出した造語で

「森の女神」という、みさ吉さんから観た春菜さんのイメージだそうで

そのまま唄にしたとのことでした。

ずっと、生で聞きたいと期待していた曲だったのですが

鳥肌が立ちました。

あ・・・ みさ吉さんと書いてしまっていますが

”藤みさき”嬢です。

春菜さんの声に、みさき嬢のコーラスが重なって

本当に素敵でキラキラしていました。

この時点で「来てよかったぁ」と(早いよ!)

ここで、カバー曲のコーナー

「蘇州夜曲」もとても素敵でした。

メンバー紹介は、なかなか面白かったはずなんだけど

忘れちゃいました・・・。

そして朗読のコーナー

バンドメンバーがそのまま残り

BGMのついた朗読になるとは聞いていたのですが

つまりは・・・ その場の即興らしい(笑)

春菜さんが会場に対して説明している最中に

むらさきさんと、Gtの粕谷さんが小声で打ち合わせ

「ちょっと、ここで打ち合わせとかやめて。」

「せめて、キーだけでも・・・とか」

会場爆笑

1時間弱くらいのとても長い朗読でしたが

とても素敵な朗読でした。

BGMは最初手探りだったものの

途中からとても素敵なBGMに。

クライマックスのBGMはとても即興とは思えない臨場感あふれるものでした。

何よりも春菜さんの朗読です。

ある意味

声優さんだし、お芝居を職業とされているのだから・・・

当たり前のこと・・・なのですが

なんで、あんなに演技に感動するんだろう。

だからこそプロなんですよね。

これも当たり前のことと言ってしまえばそれまでなのかも知れないけど

お一人で演じているのに、登場人物は全て違う声で違うキャラクターで

本当に

当たり前のことを普通にやって(と言うにはあまりにも失礼なんだけど)

人を感動させられるって、まさに本物のプロだし

すごく素敵なことなんだと改めて思った。

最後は、花かんむりの君

これも生で聞きたかった曲なのですが

フルコーラス、歌われている姿が目に焼きついているほど

本当に素敵でした。

歌われる前の

「全ての人の頭には

 誰かに愛されている証である

 目には見えない花かんむりが乗っています。」

的なMCも、とても素敵でした。


ライブ終了後は

春菜さんが物販コーナーでお見送りしてくださって

いつも、このようにファンとの関わりを大切にしてくださるところも

次のライブに行きたくなる要因の1つなんですよね。

持って言った差し入れとお手紙を渡しました。

やさしい木漏れ日の中で、キラキラ光るモノがたくさん詰まった宝箱を見つけた

そんな素敵なお茶会でした。



なんか・・・ さらっと書こうと思ったのに

いつものごとく・・・

これでも、はしょったんだけど。

夜の部は、少し休んでから書きます。
20:51  |  普通の日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

Re: 光の花束 ~昼のお茶会~ レポ

>歌王さん こんばんわ

実は、採用されたのは昼の部だけじゃなかったり・・・。
アルバムはカタログって言っていた人がいたけれど
アルバムはもちろんとっても素敵な作品なのですが
やっぱり生はアルバムとは全く違った良さがありますよ。
くるみパン。 |  2009.06.10(水) 01:15 | URL |  【編集】

Re: 光の花束 ~昼のお茶会~ レポ

また採用されたのですか!凄すぎです~
やっぱ生だとより素敵なんだろうなぁ
歌王 |  2009.06.09(火) 22:17 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurumipan.blog16.fc2.com/tb.php/2872-d1ecfadb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。