--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.01.13 (Fri)

自分で埋めちゃったヤシもいたな。

いまさらではありますが・・・

人間を作り出すことはともかく

人間のパーツを作り出すことは神になることなのでしょうか?

でっちあげなのか でっちあげでないのか

真相はわかりません

でも、本当であったら

難病をかかえた人にはどんなに朗報なことか・・・

おいらには、難病の人の痛みや苦しみはこれっぽっちもわかってないのかも知れません。

痛みや苦しみなんてことを言うこと自体、失礼なのかも知れません。

だけど・・

人が幸せな気持ちになるのは

やっぱりいいことですよね。

人の気持ちを幸せにすることだけに使うのであれば

クローン技術もいいのでは? と思いました。


軌道エレベーターを実現させようなんて話もあります。

あれも、バベルの塔にならなければいいのですけど。

なにが書いてあるかわからない人はニュースを気にしましょう。

01:00  |  マジ  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

Comment

うむ。
何も考えずにかいた自分を反省。
たとえパーツだけを作り出すにしても
それは誰かのコピーであり、人なのかもしれませんね。

しかし、何かベクトルが変わり始めたこのブログ。
くるみパン。 |  2006.01.13(金) 20:41 | URL |  【編集】

軌道エレベータについては、SF小説、チャールズ・シェフィールド著 “星々に架ける橋” または、アーサーCクラーク著 “楽園の泉” あたりを読まれると。。。この2作品、1979年の作品ですが、傑作です。。。。
またパーツとしてのクローン人間については、ジャン・ミッシェル・トリュオン著 “禁断のクローン人間” <まんまのタイトルじゃん!でもこれ、あんまり面白い小説じゃないし、絶版かもしれないけれど。。。。
水晶 |  2006.01.13(金) 19:59 | URL |  【編集】

仕事柄、思うトコロもあります

先に自分の考えを言うと…
「オレ馬鹿だからそんなデカい話はわかんねぇ」
です(む、無意味!)。
詳しくは自分もわからないですけど…。
自分の細胞だから臓器移植に拒絶反応も無し。確かに理想です。その技術で多くの人が助かるのも事実。
しかしクローンとは、自分のコピー、と言うよりは、すげー後から生まれる一卵性双生児みたいなものだから…。自分と同じ姿形の「別の個体」だと思います。クローンもヒトですから。ヒト一人を単に体の予備、スペアとしてしか扱えないって悲しいと思います…。
オレ馬鹿だからわかんないけど。(オチ)
ウィスタン |  2006.01.13(金) 19:05 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurumipan.blog16.fc2.com/tb.php/247-47584d2e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。