--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.06.30 (Mon)

らいふ。

たまには真面目に書いてみる。

最近色々と考えた。

自分は本当に何も出来ない。

人様の出来ることがことごとく出来ない。

いやマジで。

なのにみんなやさしくしてくれる。

おいらの魅力っていったいどこにあるのだろう?

自分の中のもやもやしたものを伝えたいのに

うまく伝えることが出来ない苛立ち。

いくら考えても

自分の伝えたいことがまとまらない。

というよりも

きっと自分の伝えたいことは

すでに自分でわかっていて

わざわざ伝えることでもないのかも知れない。

伝える前に自分で行動することが

きっとおいらを伝えることになるのだろう。

なんとなくそう思った。

いままでに自分が伝えたことや

伝えたかったことを振り返ってみた。

面白かった(笑)

ずっと同じコトを繰り返しているような気がした。

だから今回も同じなんだよ。

ちょっと不安になっただけ。

そんな中でなんとなく今伝えたいことに

似ているような文章を発見した。

前に紹介したものだけど

ウエッブログはそのときに伝えたいことのログ

同じことを書いてもいいよね。

去年の今頃紹介した本

「歌姫本田美奈子の人生 天に響く歌」

に出てきた 本田美奈子さんの言葉

人はみな生きるために生まれてくる。
だけど、さまざまな困難に直面したとき
人は悲しみに打ちのめされ絶望してしまう。
しかし、あきらめないでほしい。
希望を失って立ち止まってしまってもいい。
でも、ゆっくりでいいから
もう1度勇気を出して、前を向いて歩き出そう。
だって、あなたはそのいのちを輝かせるために
生まれてきたのだから。


なんとなく「生きる」ってこうゆうことなんだなって

改めて思いました。

そして、この記事に素敵なコメントがついていて

元気をもらいました。

自分には本当に素敵な人たちが周りにいます。

だからこそ明日の1歩が踏み出せる

おいらの人生が終わるまでに何歩踏み出せるか

それはまったくわからないけど

おいらの人生がおいらの伝えたいこと

苦しいときもつらいときもそりゃあるさ

自分の人生が終わるときに

「これが俺の伝えたかったことか」

そう思える日まで

一歩を踏み出そうぜ オレ。

わけわからない文章を最後まで読んでくださった方がいたら

本当にありがとう。
00:00  |  普通の日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurumipan.blog16.fc2.com/tb.php/2292-8b3b0763

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。