--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.11.24 (Sat)

ローストチキンのレシピ

クリスマスまでちょうど1ヶ月

恒例のローストチキンのレシピを載せておきます。

どこかの誰かの役には立つでしょう。

今から練習すれば、当日はバッチリですよね。

中にご飯が入っているので、ちょっと変わっていていいかと思います。

あなたにステキなクリスマスが訪れますように。




材料(4人分)
 
若鶏(内臓を抜き取ったもの)   1羽(1.2~1.5Kg)

塩                適量

こしょう             適量

バター(室温で柔らかくしたもの) 大さじ2

白ワイン             適量

溶かしバター           大さじ2~3


ご飯だね材料
  
ご飯              茶碗2杯分強(300~350g)
セロリみじん切り        1/3本分
玉ねぎ             1/4個分
マッシュルーム缶詰       2缶
(スライス・50g入り)
ピーマンのみじん切り      1個分
バター             大さじ2
白ワイン            大さじ2
塩、こしょう          各適量


つけあわせ

4つ~6つに切ったじやがいも2個分

くし型切りにした玉ねぎ1個分

乱切りのにんじん1本分

横半分に切ったにんにく1個分

水でもどした干しプルーン8個

ローリエ2枚
 
楊枝               4~6本

たこ糸              約1.5m



1.ご飯だねを炒める

 フライパンにバターを中火で熱し、セロリ、玉ねぎ、
 マッシュルームを入れてかるく炒め、塩、こしょうを
 各ひとつまみふる。
 ご飯を加えて炒め、全体が混ざったら、白ワインをふって
 さらに炒め 塩、こしょう各小さじ1/2をふり調理する。
 最後にピーマンを加えさっと混ぜ合わせる。

2・鶏肉の下準備

 鶏肉の表面を洗ったら、腹の内側に水を入れ、手でよくこすって
 よく洗う。残っている毛が気になる場合は抜く。
 鶏肉の水けを乾いたふきんでていねいに取る。腹の内側や手羽の
 わき水けも忘れずに取る。
 白ワインを指先につけ、皮を傷つけないように全体に塗り、
 さらにまんべんなく塩大さじ2弱とこしょうを少々すり込む。
 腹の内側にも塩少々をすり込む。
 首を閉じる。腹側の皮をひっぱり、持ち上げて首にかぶせ
 楊枝で2ヶ所ほど縫うようにして留める
 (腹側の皮が足りない場合はできるだけぴったり閉じるように
  首のまわりの皮を引き寄せ留めておく)
 しりの先に、三角形の皮と脂身がついているものは切り落とす。

3.ごはんだねを詰める

 腹の中に柄の長いスプーンでご飯を詰めていく。
 すきまが出来ないように、腹の中がいぱいになるまで詰める。
 鶏肉が初めよりも丸々してるくらいがベスト。
 腹をとじる。左右の皮を引き寄せて、詰めたご飯がこぼれ出ない
 ように楊枝で2ヶ所ほど縦に縫うようにして留める。
 しりの上部にすきまが残るがきにしなくて大丈夫。
 表面に水けが出ていたら、乾いたふきんで軽く押さえて水けを取る。

4.たこ糸で縛る

 
 鶏肉の形がくずれないようにたこ糸をかける。
 鶏肉を背中を上にしてまな板に置き、よく焼けるように
 手羽の先端を背中側に回す。
 足の先をそろえ、下から持ち上げるようにたこ糸をかける
 しりの中央の堅い骨の手前で交差させて引き上げ、手羽先のわきに
 通す。
 上下を返し、腹側を出す。
 鶏肉の胸のあたりでたこ糸を交差させ、さらに手羽先が動かない
 ように回してかける。
 手羽先を押さえながら、再び上下を返して背中側を出す。
 背中でたこ糸を交差させ、手羽先を下のほうに回して
 上下を返し、腹側を出す。
 腹側で、きっちりと蝶結びにして、余分なたこ糸を切る。
 このときにたこ糸がゆるまなように注意する。

5・オーブンへ

 オーブンを230゚Cに温め、天板をオーブンに入れておく。
 こんがりと焼き 上げるために、鶏肉に室温で柔らかくしたバター
 をすり込む。皮を傷つけないように、気をつけながら、指先で
 まんべんなくすり込み、温めておいた天板の中央に背を上にして
 のせる。このとき天板が冷たいと、おいしく焼けないので注意。
 オーブンで15分焼いたら天板ごと取出し、溶かしバター大さじ1
 をスプーンで全体に回しかける。さらに10分焼き、もう1度取り
 出して残りの溶かしバターを回しかける。
 オーブンの温度を180゚Cに落としさらに10分焼く。
 天板ごと取り出して、プルーン以外の付け合せの材料を加える。
 天板にたまった油をまんべんなくからめながら、重ならないように
 並べる。
 オーブンで30分焼き、フライ返しで鶏肉を取り出す。
 プルーンを加えてもう1度全体に油をからめ、さらに5分焼く。
 鶏肉を皿に盛り、熱いうちに楊枝とたこ糸を取る。
 まわりに付けあわせを置き、鶏肉は10分してから切りわける。

20:40  |  普通の日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurumipan.blog16.fc2.com/tb.php/1822-5438eb33

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。